Valid XMLを格納、高速に検索 EsTerra XML Facilitator

システムの説明/特徴

MLをインターフェイスとするRDB拡張モジュール。
XML文書の構造から自動的に最適化されたRDBのテーブルを作成し格納します。

「XML Facilitator」は登録するXMLに対してスキーマ定義が指定されている場合、RDBに最適化されたテーブルを自動生成しRDBにデータを登録します。スキーマ定義が変更されると自動的にRDBのテーブル構造が変更されます(スキーマ進化)。スキーマ定義が必要なValidなXMLを扱う場合、有効なツールです。

イメージ

メリット/利用用途

■ メリット
定型化されたXMLの格納
データ構造が予め決まっている場合、登録されたXMLに指定されているスキーマ定義(XML Schema)から自動的に最適化されたテーブルを生成します。
運用中のスキーマの変更に対応(スキーマ進化)
運用中に登録されているスキーマ定義が変更されると、自動的にRDBのテーブルを再構築します。管理者はRDBを意識することなく、最適化されたテーブルを使用できます。
既存の環境を生かしつつXMLを使用する
すでにほとんどのシステムではRDBが導入されていると思われますが、既存のRDBをそのまま残しつつXMLをインターフェイスとしたシステムの構築が可能です。
■ 利用用途
Excel/Wordファイルで個票を作成し、配布、回収後、ファイル内のデータを集計するような業務のシステム化に適しています。 個票の様式や集計ルールが多様である場合には特に効果を発揮します。
日報、週報などの報告書管理
アンケートの集計
売上、経営計画などの予実管理
既存の環境を生かしつつXMLを使用する
また、既存システムに後付けし、Excel/Wordを利用したデータ更新手段としてもご利用いただけます。
基幹システムのマスターデータメンテナンス
Webシステムに追加するExcel/Wordインターフェース