各評価機関の認証評価を受けるにあたり、その評価ポイントとなるのが教員業績評価の実施です。また、平成23年4月からは、教育情報の公表を義務づけた「学校教育法施行規則等の一部を改正する省令」施行され、評価結果を公表する必要があります。大学の認証評価に利用される基礎データの多くを公開することが義務づけられ、大学は早急に適切な教員業績の管理や、情報公開に対応していかなければなりません。
弊社の「MF教員業績管理システム」では、教員評価に必要な教員の業績の蓄積・管理し、様々な情報公開に対応するとともに、科学技術振興機構(略称JST)が運営するresearchmapとの相互連携(取込み、送出)が実現できます。

システムの特徴

・教員の手間をかけず、正確で充実したプロモーション素材を蓄積
・研究業績を国内外に広く発信し、教員を積極的にプロモーション
・理系以外の研究者も活動成果を広く発信し、積極的にプロモーション
・研究IRで定量的に評価し、大学の実力を積極的にプロモーション
・制度に基づく情報公開・資料提出への柔軟で迅速な対応

イメージ

MF教員業績管理システム コンセプトイメージ
MF教員業績管理システム 全体イメージ

※上記システム実現には、MF教員業績管理システムに複数のオプションを導入していただく必要があります。
※Web of Science®のデータを取得する機能をご利用するには、事前にクラリベイト アナリティクス社に「データを取得する機能の開発をメディアフュージョンに委託する」の旨をお客様から申請していただく必要がございます。
※Scopus、医中誌のデータを取得する機能をご利用するには、提供会社に対して費用が発生する場合がこざいます。事前にお客様から各サービスを提供している会社にお問い合わせください。

機能

入力機能
Excel入力オプション/Web入力オプション/HTML編集オプション/researchmap入力オプション/外部データ取り込みベースオプション/フィー ドベースオプション/共著者フィード配信オプション/データクレンジングオプション/DOI自動登録オプション/汎用データ一括登録オプション/代理人入力

出力機能
汎用帳票出力オプション/汎用データ抽出オプション

外部情報公開機能
検索カテゴリ追加オプション/researchmap用データ出力オプション/Syncポストサーバーベースオプション

学内システムオンライン連携機能
データポーリングオプション/ユーザマスタ連携オプション/WebAPIオプション

研究IR(URA)対応機能
論文データベースオプション/被引用数登録オプション/Impact Factor登録オプション/機関リポジトリアクセス数取込オプション/個人別統計オプション/組織別統計オプション/分析ツール

教員評価対応機能
教員評価対応機能(※別パッケージ)

※その他必要な出力帳票がある場合はご相談ください。汎用的な帳票出力機能もご提供できます。