Well-Formed XMLを格納、高速に検索 EsTerra XML Storage Server

システムの説明/特徴

MLをインターフェイスとするRDB拡張モジュール。
XML文書の構造から自動的に最適化されたRDBのテーブルを作成し格納します。

「XML Facilitator」は登録するXMLに対してスキーマ定義が指定されている場合、RDBに最適化されたテーブルを自動生成しRDBにデータを登録します。スキーマ定義が変更されると自動的にRDBのテーブル構造が変更されます(スキーマ進化)。スキーマ定義が必要なValidなXMLを扱う場合、有効なツールです。

イメージ

メリット/利用用途

■ メリット
スキーマレスなXMLの格納
データ定義がないXMLの格納が可能です。またXMLデータの構造が変更しても、データベースの定義は変更する必要がなく、拡張性の高いシステムの構築が可能です。
XMLをそのままの形で格納
登録されたXMLは、リポジトリにそのままの形で登録されます。構造に依存しないため、どのようなXMLでも登録が可能です。また拡張性が高いため、複数のシステムのブリッジとしても使用できます。
関連ツールとの連携
弊社が提供するツールと連携することで、登録されたXML文書から自動的にExcel帳票を作成するなど、様々な拡張が可能です。
■ 利用用途
データ構造変更が多く発生する場合
登録されるXMLのデータ構造が不定であり、データベース構造を確定できない場合、Well-Formed XMLに対応したEsTrraを用いると、データベース定義の変更不要で、高速に検索することが可能です。
XMLだけではなく様々な文書を併せて管理したい場合
XML文書だけではなく、Office文書や画像ファイル、その他様々な形式のデータをXMLのノードと関連づけて管理することが可能です。
X様々な形式変換を行うアプリケーションサーバとしての利用
拡張性の高いXMLを一元管理することで、Office文書やCSVなど様々な形式に変換するアプリケーションサーバとして利用することが可能です。