近年、ビックデータの視覚化のニーズが高まる中で、大学においてもIR(Institutional Research)への要求が高まっています。
そこでIR業務の支援を目的として、2018/8/7号でご紹介しました「Media Fusion 研究IRテンプレート」の無償配布を開始いたしました。

本テンプレートではプログラミング経験の無い方でも、論文数、書籍数、競争的資金の獲得数や金額、授業数、論文のCiteScoreなどの研究者のパフォーマンス分析が可能で、実務でもすぐにご活用いただけます。また、大学間比較や、データの取得日による時系列比較も可能な構造となっております。テンプレートの改造も可能ですので、大学関係者以外の方もデータ分析にお役立ていただければと思います。
Media Fusion 研究IRテンプレートをご希望の方は是非メールにてご連絡ください。(rd.support@mediafusion.co.jp)

なお、本テンプレートで使用しているBIツールはMicrosoft社の「Power BI」です。まだ情報不足で、使い方がわからないという方が多いと思いますが、実際プログラミング経験の無い私でも使用できるとても良いツールですので、大学や様々な業界で使ってもらいたいと思っています。
その第一歩として平成30年8月22日(水)~8月24日(金)に九州工業大学にて開催される大学評価・IR 担当者集会 2018の集会にてセミナーを開催します。
主催者;大学評価コンソーシアム (http://iir.ibaraki.ac.jp/jcache/index.php)

弊社サイトよりセミナーで使用します講習用資料が一部ダウンロードいただけますので、ご興味のある方はご覧頂ければと思います。
https://www.mediafusion.co.jp/dadaanalyticsandvisualization

なお、Microsoft社の最新のバージョンアップにより、Power BIデスクトップからPDFの出力が可能になりました。今までは直接印刷ができずクラウドサービスへの発行が必要でしたが、デスクトップから印刷できるようになり無償にも関わらずさらに便利になりました。
九州工業大学でのセミナーはすでに満席となっておりますが、お声がけいただければ最新情報を交えた無料の初心者向けセミナーを今後も開催したいと思っております。BIツールの活用にご興味がございましたら是非下記のリンクからお問い合わせください。
株式会社メディアフュージョン(https://www.mediafusion.co.jp/ask2)