この度弊社は、横浜市ごみ分別案内のチャットボットの多言語化検証に参加させて頂きます。
弊社は自然言語解析(チャットボット)、自動翻訳等のAI分野に取り組んでおり、拡張性の高い実践的なシステム構築を行っております。
そういったシステム構築を行う際に、色々な言語の対応、マルチリンガル化が非常に重要であると考えております。
横浜市では、日本語のチャットボットはすでに導入されていましたが、母国語が外国語の方の対応として弊社から
マルチリンガル対応の「AI QAシステムTEMANA」を提案し、横浜市のごみ分別案内チャットボットの多言語化検証に参加させて頂くことになりました。
詳しい内容については以下のプレスリリースをご覧ください。


2020年12月23日
株式会社メディアフュージョン 横浜市ごみ分別案内 チャットボットの多言語化検証 参加のお知らせ(プレスリリース)
株式会社メディアフュージョン(本社:大阪府大阪市、代表取締役:榊原 淳)は
横浜市の「ごみ分別案内 チャットボットの多言語化検証」への参加をさせて頂きます。
民間企業として株式会社NTTドコモと弊社の2社が参加しています。
【横浜市プレスリリース】https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/shigen/2020/multilingualchatbot.html

横浜市では、市民がごみの分別方法をWeb上で簡単に調べることができるチャット対話形式の問合せツール(チャットボット)を先駆的に導入し、全国的にも注目を集めています(イーオのごみ分別案内)。
この度の検証は、国際都市横浜市として、現在稼働している日本語チャットボットの多言語化実現に向けての検証実験になります。検証では、1月4日から横浜市サイトにて、各国語をご利用の方に利用していただいた感想をアンケートで回答いただきます。
以下は弊社のチャットボットシステムのデモサイトです。
【弊社チャットボットサイト】https://www.mediafusion.co.jp/ai


詳細
横浜市では、市民等が安心してごみを出すことができるよう、ごみと資源の出し方・分け方に関する多言語による広報・啓発を行っており、すでに日本語の横浜市ごみ分別案内 チャットボットを運用されています。さらに、国際都市として、各国語でより簡単にごみの分別方法を調べることができるツールの開発に取り組むため、本検証を実施いたしました。
弊社は、マルチリンガル対応の「AI QAシステムTEMANA」を提案し、横浜市のごみ分別案内チャットボットの多言語化検証に参加させて頂きます。

日本語のチャットボットは様々な製品が出ていますが、マルチリンガル対応のチャットボットはまだまだ少ない状況にあります。弊社がご提供するごみ分別チャットボットは、マルチリンガル対応の「AI QAシステムTEMANA」をベースに横浜市のごみ分別データベースの適用、さらにその多言語化を行うために、弊社独自のAIトレーニングを行って構築しています。
「AI QAシステムTEMANA」は弊社と連携している株式会社言語理解研究所が長年の歳月をかけて構築してきた自然言語処理を得意とするAIエンジンをベースにしております。また、複数の外国語に対応しており、利用用途によって、AIをトレーニングし、実践的なマルチリンガル・チャットボットを実現します。

本検証での対応言語
  英語・中国語(簡体字)・韓国語・日本語

本検証における弊社システムに対するアンケート募集期間
  2021年1月4日~2021年1月17日
  ※チャットボットシステムの公開は3月まで

株式会社メディアフュージョンについて
メディアフュージョンは、主にXML技術を核とした技術で、大学を中心とした公的機関の業務パッケージを提供してきています。さらに、近年は、企業や公的機関で急速に普及してきているマイクロソフト社のOffice365等をインフラとして活用し、ビッグデータの分析(セルフサービスBI)や、自然言語解析(チャットボット)、自動翻訳等の拡張性の高い実践的なAIシステム構築に取り組んでいます。

【大学関連パッケージ】
https://www.mediafusion.co.jp/sys/

【AI関連(チャットボット、自動翻訳)】
https://www.mediafusion.co.jp/ai%e3%81%a8bot/

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社メディアフュージョン
TEL:06-6341-8250
e-mail:mf-info@mediafusion.co.jp
担当 杉江 大樹