SYSTEM IMAGE

EXPLANATION

システムの説明/特徴

MediaFusion PBI Connectorが対応する業務

学術サイトから一括
定期的にデータ取得

データ管理

取得したデータを
すぐに分析・可視化

学術サイトからのデータ取得には結構な手間がかかります。
ところが、Microsoft社のBIツール、Power BIのカスタムコネクタであるこの「MediaFusion PBI Connector」なら、〝最短距離〟でデータ取得ができます。しかも低コストです。
多くの研究者に利用されているresearchmapやKAKENなどの学術サイトからデータを取得するには、それぞれのシステムにアクセスして必要なデータを選択する必要がありました。しかも、レコード数の上限を超えないように注意して、何度もダウンロードを繰り返します。その後、所定の場所に配置して、やっとBIツールに読み込ませるという作業が始まります。
残念ながら、これらの作業に膨大な時間がかかる上、それぞれの学術サイトの操作方法も覚えなければならないとういうのが現状です。
でも、このMediaFusion PBI Connectorを使えば、Power BIから直接オンラインでデータ取得が可能となります。しかも、繰り返し取得することができ、Excelに取り組むことも容易です。さらに、各種学術サイトにアクセスするためのプログラミングも不要、取得したデータをすぐに分析・可視化することも可能、DOIや著者名などのリストから必要な情報を連続で取得することも可能です。今後接続先も順次拡充する予定です。
これまでの回り道を終わりにして、ぜひ、MediaFusion PBI Connectorにコネクトしてください。

詳細図

ADVANTAGE

システムのメリット

MediaFusion PBI Connectorシステムのメリット

データ取得効率化

  • Power BIを用いてオンラインでデータを取得し、自由自在にデータ分析できる
  • Power BI用の各学術サイト向けカスタムコネクターを提供
  • Power BIだけでなくExcelでも利用可能

プログラミング不要

  • プログラミングの知識なしでもGUI操作でデータを取得
  • 各種学術サイトへのアクセスでプログラミングの手間を削減

データ分析・視覚化

  • データ取得に必要なフィルタ条件を画面で設定
  • 取得データは即座に分析・視覚化可能

接続先多彩

  • researchmap、KAKEN、Scopus/SciVal、MF教員業績管理システム・MF教員評価システムのカスタムコネクタは7月リリース予定
    Web of Science、InCites、その他学術サイトのカスタムコネクタは順次開発予定
  • MF業績管理管理システム・MF教員評価システム、researchmap、KAKENのカスタムコネクタは当社パッケージシステムのユーザーに無償提供予定

各Connectorの主要な仕様

MediaFusion PBI Connector取得データ(アウトプット情報)設定(インプット情報)
1for researchmap〇researchmap
・研究者個人に紐づいた公開データ全て
(基本情報、研究分野、論文、MISC、著書、講演口頭発表、所属学協会、社会貢献活動などの研究者情報・各種業績データ)
検索キー;科研研究者番号、パーマリンク
設定項目;取得するデータのテーブル名
2for KAKEN〇KAKEN
・研究者に紐づいた科研情報・個人プロフィール
・組織に紐づいた科研情報
検索キー;科研研究者番号、所属機関名、研究課題番号
設定項目;取得するデータのテーブル名
認証;接続キーを取得してセットする
3for Scopus〇Scopus
・論文書誌情報(Scopus ID、論文分野、ISSN、キーワード、責任著者)
・論文指標(被引用数、CiteScoreなど)
検索キー;DOI、組織名×期間、研究者氏名(×組織名×期間)
認証;接続キー/Instokenを取得してセットする
4for SciVal〇SciVal
・論文指標(TOPパーセンタイル、FWCI、国際共著など)
検索キー;DOI、Scopus ID
認証;接続キー/Instokenを取得してセットする
5for Web of Science〇Web of Science
・論文書誌情報(論文分野、ISSN、キーワード、責任著者)
・一部論部指標(引用数、インパクトファクターなど)
検索キー;DOI、組織名×期間、研究者氏名(×組織名×期間)
設定項目;論文のみ
6for InCites〇InCites
・論文指標(TOPパーセンタイル、FWCI、国際共著など)
検索キー;DOI、組織名×期間、研究者氏名(×組織名×期間)
設定項目;論文のみ
7for MFRD
(MF製大学関連システム)
〇MF教員業績管理
・業績管理システム各種マスタ情報
・研究者個人に紐づいた各種業績
・教員評価システム各種マスタ情報
・研究者個人に紐づいた教員評価結果
検索キー;研究者ID(システムID)
設定項目;テーブルに展開するデータ項目名
8オーダーメイドConnector〇接続先となるシステムにAPIがあればそれを利用し、ない場合は、RDBのビュー連携などで接続を実現。