SYSTEM IMAGE

EXPLANATION

システムの説明/特徴

ユーザが開発者に対してその対象業務内容と要件を理解してもらい、さらに出来上がったアプリの試験に膨大な時間が費やされた。
ユーザ本人が自分の身の回りにある業務アプリを開発できるようになったことで、従来の開発工程を大幅に短縮できる。
アプリ開発には、PC、種々のスマホなどプ ラットフォームの違いにより、開発に大きな 手間がかかった。
Microsoft365 にあるツール郡(Power Platform と言う)によりプラットフォーム に合わせた開発が不要となり、開発が容易に なった。
BI やアプリ開発は、専門のプログラミング知 識が必要で、プロのプログラマに任せる必要 があった。
Power Platform により、データの入力から、 加工や視覚化までを、プログラミングコード を記述せずに構築可能。

Microsoft365/Power BI導入・アプリ開発支援について

Microsoft社のMicrosoft365のPower Platformを構成するPower BI 、Power Automate、Power AppsとSharePoint、Forms等により 自社に合ったアプリを自社で構築する「セルフサービスBI・セルフサービスプログラミング」が実現できます。

セルフサービスBI、セルフサービスプログラミングの実現を
Microsoft365のツール群が強力にサポート

Power BI:出力、視覚化、公開

多様なデータソースを簡単に読み込み。ボタン操作でデータクレンジング。アプリの知的な支援でドリルダウン・スライスが可能な動的な視覚化を簡単に作成して共有できます。

Power Automate:システム連携

様々なシステムに接続し、コードを書かずにシステム連携フロー・ワークフローを短時間で構築できます。

PowerApps:アプリの開発

簡単にデータに接続したり、Excel 仕様の式でロジックを追加したり、Web、iOS、Android デバイスで実行したりできるアプリを、数か月ではなく数時間単位で構築出来ます。

Microsoft Forms:アンケート

アンケート、テスト、投票を作成し、回答を回収することができます。リアルタイムの結果を確認し、組み込みのアナリティクスを使用して回答を評価し、結果をエクスポートします。

Microsoft SharePoint:サイト構築、文書管理

組織内サイト、公開サイトを簡単に構築できます。特にチームワークに必要な文書管理、知識共有、コミュニケーション等各種Webパーツを用意しており、チームの共同作業を強力にサポートするサイトを実現出来ます。

  • Power BI、Power Automate、SharePointによる各種業務システムのデータや蓄積されたExcelデータの視覚化、公開
  • PowerAppsによるタブレット端末やスマートフォンから操作可能なアプリの開発
  • FormsとPower BIによるアンケート・オンライン試験の実施とリアルタイムで結果集計

PROCESS/SERVICE

アプリ開発の手順/サービス

導入支援・コンサルティングの内容

①最終的に実現したい分析レポート、スマホアプリなどを決めていただきます。

②弊社で上記に該当する分析レポートやアプリのテンプレートを開発して提供いたします。(開発する成果物の対象範囲はご相談して決定します)

③開発した分析レポートやアプリを教材に利用して、これを組織内で開発・構築できる技術の蓄積、体制作り等のコンサルティングや実践教育を行います。

④自社内で実際に自ら開発をしていただきます。弊社からも継続して主にオンラインでのサポートいたします。

Microsoft365に連携する弊社パッケージ、サービス

◆XMLベースWeb-DBパッケージソフト(Web-DBサイトの自動構築基盤)

各種データの蓄積・検索・外部・内部公開を行うWebDBシステムの汎用的基盤です。システムのデータ構造はExcelのデータ構造設計書をアップロードすると自動的に設定され、入力画面、検索・公開画面等が自動構築されます。
Microsoft365 の認証基盤と連携可能です。また、Power BIによる分析を可能とする分析データのスナップショット出力機能を持っています。

  

◆Power BI用のソースデータの整備及びオリジナルグラフパーツの開発



・Power BIで分析するソースデータを整備・配置する基盤システムの構築(データウエアハウス)
Power BIで分析するソースデータは、Power BIユーザが高速に信頼して使える必要があります。ところが実際のシステムやEXCELで蓄積されたデータはPower BIで読み込んですぐに使える状態になっていないことが多いです。また、読み込みに膨大な時間がかかる場合もあります。これらを最適化するソースデータを配置する基盤システムを設計・構築します。

・Power BI用のカスタムビジュアル(オリジナルグラフ)の開発
Power BIを使っていくと、標準で用意されたグラフだけでは満足いかなくなることがあります。R等によりオリジナルのカスタムビジュアルを開発し提供することが可能です。



◆SharePoint用パッケージソフト
(帳票の自動配布・回収、集計、帳票作成、SharePointのフォルダやサイトの自動設定等)



調書の配布・回収・集計業務の処理を部品化し、汎用的なシステム基盤を提供
・調書の配布・回収・集計業務を細かく分けて、それぞれの処理が独立して稼働(部品化)
・処理を自由に組み合わせて業務内容に合った設定が可能(経営計画管理用・研究計画管理用の設定など)
・SharePointのドキュメントフォルダ、サイトの作成・セキュリティ設定の一括処理