SYSTEM IMAGE

EXPLANATION

システムの説明/特徴

Webフォームを利用した教員評価システムが対応する業務

評価項目・審査フロー・指標の
計算式の設定・変更

評価グループの複数設定により
異なる評価方式の共存可能

Power BIと連携し評価指標を視覚化
評価者の負担を軽減

教員評価システムとしては、世界初となる完全パッケージ化を実現。それが、この「MF教員評価システム」です。プログラム変更に伴うカスタマイズなしで設定変更が可能という、画期的なシステムをご提供します。

特色は、連携する業績管理システムを選ばないという融通性の高さ。研究者情報データベースのresearchmapから直接業績データを取得するのはもちろん、他社業績管理システムにAPIがあれば、それを利用して業績データを取得可能。当社業績管理システムと連携すれば、各種マスターファイルや帳票出力機能などオプション機能が共通化され、より効率的に運用できます。

さらに、運用開始後も毎年、評価項目や審査フロー、指標の計算式の変更が可能。評価グループも複数設定でき、単年度と複数年度、医学部と他学部など評価方式の異なる評価の共存も可能です。BIツールであるMicrosoft Power BIとのオンライン連携で評価指標を視覚化し、評価者の負担軽減も図っています。

現在は、従来のExcel版からWeb版へと進化。教員評価用のWebフォームを、システム上で回覧して教員評価を行う仕様として提供しています。Webフォームのデータ項目は管理者で自由に設定していただくことができます。

なお、ご希望の方には、引き続きExcel版も提供しています。

教員評価業務と対応システムのワークフローイメージ

詳細図

ADVANTAGE

システムのメリット

MF教員評価システムのメリット

教員評価システムの
完全パッケージ化

  • 業績管理システムのカスタマイズによって構築されることが多かった教員評価システムを単独のパッケージとして提供
  • システム管理者はワークフロー設定や計算式設定、パラメーター設定など各種設定をWeb上ですべて行うことができる
  • Excel形式のデータ構造設計シートを編集・アップロードすることで、システムの変更なくデータ項目に対する詳細設定が可能

被評価者の
入力作業負担を軽減

  • 当社の業績管理システムやresearchmap、他社の業績管理システムと直接連携して業績を取得でき、業績データの入力作業を軽減
  • 被評価者は教員評価指標一覧から指標グループごとの評価指標を確認できる

評価者の
評価作業負担を軽減

  • Power BIとオンライン連携し、リアルタイムで視覚化されたデータを確認しながら評価作業ができる

主な機能

 

◆Web版

・ワークフロー設定機能
・ユーザ管理機能
・進捗管理機能
・データ管理機能
・前年度業績からの複製機能
・業績管理システムからのデータ取得機能
・指標の計算、表示機能
・評価対象者のデータ表示機能
・評価結果登録、表示機能
・確定処理、取り下げ機能
・評価結果の自動書き出し機能
・Microsoft Power BIとのオンライン連携機能
・評価結果の全体分布リアルタイム表示機能
・最終評価結果の表示機能
・異議申立て機能